東京 新聞 運勢。 あなたの運勢

衣食住から見えること|東京新聞運勢 備忘録

東京 新聞 運勢

心を尊重して泰平 東京新聞TOKYO Web 令和2年5月22日から引用 皆様は、心がつき動かされた経験はありますか。 心が動く、というと大したことを想像するかもしれませんが、人は、どのような些細なことであっても、心によって物事を捉えております。 人は、心で生きているといっても過言ではないでしょう。 心が動くことで、人は物事を認識し、判断している。 何事に対しても無関心でいれば、人の認識は狭まり、世界もまた狭く小さなものになってしまいます。 何に対して心が動くのか、それは人によって様々でしょう。 しかし、誰もが皆、心によって生きているということを忘れてはなりません。 心は、大切に。 自分の心も、相手の心も尊重すること。 心が動かないような生き方から離れて、心が豊かで活き活きとする道を探して歩んでいきましょう。 自分の心を尊重できるのは、自分だけなのです。 自分の心に素直に生きることにより、考えや価値観の執着から離れて、安心を得ることに気付くとき。

次の

運勢(6日・赤口):東京新聞 TOKYO Web

東京 新聞 運勢

玉州 あなたの運勢 14日 友引 数字は吉凶を10点法で表現 子 9 どうせ出る金ならば、有効に使うように。 金談以外はすべて吉日となる。 丑 5 意に沿わぬことは断ればよい。 我慢しても、ばからしさが残されるだけ。 寅 9 力にものを言わせて独走の感がある。 上司に逆らいさえしなければよい。 兎 7 時には悪運の強さも必要になるが、それをどこまで利用するかが難しい。 辰 6 余裕ができ、恵まれるほど欲が深くなる。 遊ぶ金はあるが生活は苦しい。 巳 6 多忙さから神経がいらだつ。 そこでサービス精神を忘れず、笑顔で通せ。 午 4 反感の心のみ強くなり、自分も人も傷つく。 先入観が真実を見誤らせる。 未 3 機会を与えられても、能力がなければ周囲の迷惑。 甘えだけでは通らぬ。 申 6 難問突破が貴重な体験となる。 計画を推し進めて最後の勝利を獲得せよ。 酉 6 目立った吉星はないが、束縛される凶星もない。 努力がそのまま表れる。 戌 4 地位を得るにはそれだけの努力が必要に。 魚心あれば水心とも自覚せよ。 亥 6 恩恵を受ける分だけは、自らも博愛の心に。 世の中は持ちつ持たれつで。

次の

東京新聞の「運勢」

東京 新聞 運勢

どうしていいものかと途方に暮れることもあるでしょう。 人の悩みというのは、人それぞれ。 また、時期によっても様々です。 私たちは、そうした人生の困難を乗り越えていかなくてはなりません。 立ち止まり、俯き、過去を懐かしんでいては、何も解決することはできません。 私たちがすべきことは、困難に常に立ち向かい、転んでも起き上がること。 そして決して諦めず、前を向いて歩き続けることです。 人生には、様々な困難が訪れます。 そうした困難を一つ一つ乗り越えていくことにより、心は鍛錬され、人として成熟していく。 どうか、困難を目の前にしたとき、ネガティブな発想によって、心が害されることのないように。 自分を信じて、未来を信じて、歩み続ける先には、必ず人生の好転がある。 心の平安とは、環境が作るのではなく、自分自身で成っていくということを忘れぬように。 目の前の物事から逃げ出すのではなく、向き合い、現状を受け入れながら、改善策を模索し行動すること。 今こそ、正しく歩み続ける先の未来を掴むとき。

次の