米軍天気予報図。 気象庁|航空気象情報

気象庁|航空気象情報

米軍天気予報図

SUPERCWEATHER. COMは気象庁や米国海洋大気局等の気象予測モデルをスーパーコンピュータで計算した予測を提供します。 気象予測モデルには、低解像度で長期間の予測をするモデルや高解像度で短期間予測するモデル、波浪を計算するモデル等あり、SUPERCWEATHERでは様々なモデルの予測を提供します。 地図上に5kmまたは20kmメッシュの詳細な気象予報を表示します。 5kmメッシュ詳細予報では1時間毎の予測を39時間先まで、20kmメッシュ広域予報では11日 264時間 先まで予測。 詳細予報の更新:1日8回 2:30,5:30,8:30,11:30,14:30,17:30,20:30,23:30 広域予報の更新:1日1回 4:00• 沿岸波浪予報 波高・波向・周期 の詳細予報は3時間毎72時間先まで、更新は1日4回 2:15,8:15,14:15,20:15 広域予報は11日 264時間 先まで予報。 予報時刻の変更は「マウスのホイール」「キーボードの矢印キー」、画面上の「矢印ボタン」または「スライドバー」で行います。 6 ご利用上の注意• 数値予報は天気予報を作成するための基礎資料であり、天気予報ではありません。 数値予報には予報モデル特性による系統誤差等の様々な誤差が含まれており、これらの補正や非系統誤差のマージンを考慮する必要があります。 補正等を実施出来ない利用者は気象庁予報官や気象予報士がそれらを行い作成した天気予報をご利用ください。

次の

台風18号2019年の米軍JTWCとヨーロッパ予報の進路予想図

米軍天気予報図

台風(熱帯低気圧)情報 では台風に関連するデータを独自の視点に基づき提供していますが、生死に関わる判断の基礎となるのは、信頼できる台風(熱帯低気圧)情報です。 そこで以下の2つのサイトを信頼できる情報源とし、にリンクを設置しています。 2つの異なる情報源が発表する進路予想や勢力予想を比較すれば、台風の今後の予測に関するセカンド・オピニオンとしての使い方ができるでしょう。 気象庁台風情報• 日本の気象庁が発表する台風情報です。 通常は3時間おきに最新の台風情報が発表されますが、台風が日本に接近した(おおよそ300km以内)場合には1時間おきの発表に変更となります。 民間気象会社や報道機関が発表する台風情報、そしてやが提供する台風情報、そしてが提供する台風予報は、いずれも気象庁が発表する速報に基づいています。 最新の台風状況や台風予想進路、各地の天気予報や注意報・警報、全国の天気図などについては、気象庁のウェブサイトで確認して下さい。 なお予報期間については、2009年4月から5日(120時間)予報が始まっています。 米軍(アメリカ海軍)台風情報• JTWC アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター JTWC が発表する台風情報です。 この台風情報は、本来は米国の政府機関による利用を意図した情報ではありますが、一般の人々もアクセスすることができます。 通常は6時間おきに情報を発表します。 なお、このサイトの台風情報の見方ですが、時刻表記が(文中表記はUTCではなくZ)となっている点に注意する必要があります。 日本時間に直すには時差の9時間を加えて下さい。 なおの個別の台風記事からも経路図に対するリンクがあります。 またにも関連する情報があります。 なお、JTWCサイトがアクセスできない場合には、も試してみて下さい。 最大風速に関する注意点 気象庁の台風情報と米軍の台風情報とでは、最大風速の値が異なります。 ほとんどの場合は、米軍台風情報の方がより大きな値となります。 その最大の原因は、平均風速の定義が(日本は10分平均、米国は1分平均)にあります。 一般的には、10分平均風速は1分平均風速の0. 88倍に相当すると言われています。 また、観測データから最大風速を推定する方法の違いによって推定値が異なるという側面もあります。 ちなみに日本が用いている10分平均風速の方がグローバルスタンダードです。 また米軍の台風情報では、台風の中心気圧は発表せずに最大風速のみを発表します。 その理由はだそうです。 なんだか、なげやりな記述にも思えますが、一概にそうとも言えません。 最近はマイクロ波散乱計を使う衛星(例えば)を用いて、台風の厚い雲の下に隠れた海面の波の状態から台風中心付近の風速を推定する技術が進展しつつあり、今後は気圧よりも風速の方が推定しやすい値として有望です。 ただし、地上で測定する場合には、風速計よりも気圧計の方が安定した値が得られますし、気圧はいつも中心付近で最低値を示す(風速は最大値の場所か台風ごとに異なる)という面でも、風速よりは気圧の方が使いやすい面もあります。 また、中心気圧の値の方が過去の膨大なデータからの連続性がありますし、特に日本では台風の勢力を示す値として中心気圧の方が定着しています。 以上をまとめると、日本のように中心気圧を重視する立場に対し、米国のように最大風速を重視する立場は、より合理的であるという側面があります。 ただしこれまでの経緯を考えれば、両者の併用が望ましいところです。 台風番号に関する注意点 台風番号とはによる台風の名前で、1月から始まる台風シーズンごとに数え始めます。 日本の気象庁は新たに台風が発生するたびに、台風1号から台風番号を増やしていきます。 また米軍合同台風警報センター JTWC も新たに台風が発生するたびに、01Wから台風番号を増やしていきます。 ならば両者の番号はいつも一致するかというと、実はそうでもないのです。 それはなぜでしょうか。 その原因は、気象庁とJTWCがことにあります。 気象庁が台風の発生を認めてもJTWCが認めない場合、あるいはJTWCが台風の発生を認めても気象庁が認めない場合に、両者の台風番号はずれ始めることになります。 2000年以前にはこのずれが原因で、も生じていました。 台風の発生を認めるかどうかは専門家の総合的な判断に基づいているため、時には意見の違いが生じてしまうことも避けられません。 またこのような食い違いは、気象庁とJTWCの間だけに生じるものではなく、各国の気象機関の間でも生じることがあります。 例えば日本のは、中国では台風200414号となっていましたが、これも同じような原因で生じる食い違いです。 各国の台風情報を比べるときには、台風の国際番号()や中心位置などを確認し、台風を取り違えないように注意して下さい。 台風情報のリスト ウェブサイト以外のアクセス方法 台風情報へのアクセス方法として、ではウェブサイトの他にも以下のような方法を用意しています。 ご利用下さい。 ブログパーツ :• ツイッター(Twitter) :• フェイスブック(Facebook) :• 携帯電話(ケータイ) :• Google Earth :• 各種デバイス : 外国の機関による世界の台風情報 北西太平洋・南シナ海周辺各国の機関が提供している、世界の気象情報や台風情報のリストです。 その他の情報につきましては、やをご参照ください。 日本、。 jma. 米国、米軍合同台風警報センター Joint Typhoon Warning Center。 ndbc. noaa. 米国、。 上記のJTWCが利用できない場合にはこちらから同様の情報を入手可能です。 nrlmry. navy. html• World Meteorological Organizationがまとめる、世界の熱帯低気圧情報へのリアルタイムのリンク集。 worldweather. wmo. 中国、。 nmc. gov. 香港、。 weather. gov. htm• 韓国、。 kma. jsp• フィリピン、。 台風の名前がなので注意。 pagasa. dost. gov. html• 台湾、中央氣象局。 cwb. gov. アジア各国の気象機関(香港、米国、日本、中国、台湾、韓国)の進路予報を比較。 香港地下天文台。 アジア各国の気象機関(香港、米国、日本、中国、台湾、韓国)の進路予報を比較。 weather. org. アメリカ国立気象局。 西経140度から西経180度の中部太平洋のハリケーン情報を提供。 ハリケーンが西経180度(日付変更線)を越えると台風になります。 prh. noaa.

次の

Sunny Spot 天気・気象情報サイト!

米軍天気予報図

アメリカ・ハワイにある、アメリカ海軍の合同台風警報センター( JTWC )というところが 台風情報などの気象情報を発表しています。 JTWC は、 Joint Typhoon Warning Center の頭文字で、アメリカ海軍とアメリカ空軍がハワイ州真珠湾海軍基地に、共同で設置したアメリカ国防総省の機関のことです。 昔、アメリカ軍が台風によって大きな被害を受けたことをきっかけに、気象と台風の観測をするセンターを作りました。 主に、海軍と空軍が太平洋地域の熱帯低気圧を観測していました。 次第に、組織や名称や役割が広がり、 現在の JTWC へと変化してきました。 観測する範囲も、太平洋地域から、国際日付変更線からアフリカ沿岸まで拡大され、台風や津波などの観測を行っています。 衛星やレーダーを用いて熱帯低気圧の観測をし、世界中の熱帯低気圧のほとんどのデータを収集しています。 JTWC は観測地域が広い事が特徴といえるでしょう。 このデータはインターネットからアクセスが可能ですが、アンドロイド用のアプリをダウンロードして 世界での台風の動きがチェック出来るようです。 アプリは、風速域によってカラーで表示されるようになります。 最大風速のピンの色によって最大風速の目安がわかるので、とてもわかりやすく作られています。 13 時間、日本の方が早いです。 JTWC のアプリを使うと時差が発生してしまうかと心配になりますよね。 リアルタイムで届く台風情報は、使用する人の現地時刻で警告を表示してくれるので大変便利です。 現在地は GPS で取得してくれます、もし取得ができなければ手動で位置設定が可能です。 現在地を設定していなくても、アプリの使用は出来ますが、警告表示が正常に表示されないので 設定をしておきましょう。 自分の現在地が台風の進路コースと予想されると、風速域によって警告表示がでますので、避難準備や台風の備え等がいち早く行えるでしょう。 海外からの気象データも収集します。 そのデータ量は膨大で、とても人間では集計などが行えません。 そこで、スパーコンピュータやアデスという気象情報伝送処理システムというコンピューターで観測データを収集・整理・編集をして、必要なところに送り出します。 これらのデータは国内の気象官署に送られ、予報官が予報の作成を行います。 そして、予想天気図や 天気予報、台風予報、警報、注意報などを発表していきます。 気象庁は、気象台や観測所を、すべての都道府県に設置し、それぞれ役割を持たせています。 管区気象台・・・日本を 5 つの地域に分けて、気象観測や予報の業務を統括しています。 札幌、仙台、東京、大阪、福岡にあります。 地方気象台・海洋気象台・・・管区気象台がない府県には、地方気象台または、海洋気象台が設置されています。 北海道と沖縄には複数の地方気象台があります。 これは、観測を行うほかに、地域ごとの予報を作成したり、防災気象情報を発表したりしています。 海洋気象台は、日本周辺の海域を 4 海域に分け、船舶などによる海洋観測を行ったり、海上警報の発表をしています。 気象台以外にも、測候所と特別地域期初観測所が全国にそれぞれ数十カ所設置されています。 このほかに、アメダスの無人観測設備が全国に約 1300 カ所あります。 自分は学生時代の頃、気象に興味があって勉強していた時期がありましたが、とても難しくて挫折をしています。 天気は日々変わるもので、同じように見えて同じ日はないのでその予測をだすのは本当に大変です。 ですが、 いままで台風や豪雨などでたくさんに被害を受けてきましたので、少しでもその被害が少なくなるように、天気予報を上手に利用していきたいですね。

次の