キッチン ハイター 消毒 液 の 作り方。 キッチンハイター消毒液の作り方と除菌方法!正しい使い方と注意点|aro50

「おすすめ」真実!キッチンハイター消毒液の作り方【メーカー基準】正しい方法で新型コロナの除菌に!説明欄読んで下さい。

キッチン ハイター 消毒 液 の 作り方

ノロウイルスやインフルエンザが流行りだすと 気を付けないといけないのがウイルス対策! 家族に体調が良くない人がいるのなら 特に注意が必要です! いつでもどこでも除菌対策に 神経張っていなければいけません。 菌は目に見えません。 だからこそ家の中でも しっかりとした除菌対策が必要なんです。 …とはいえ、お店の状況によっては アルコール消毒液やウエットシート等、 品切れ状態になってしまうことも。 自作の消毒液で対応する賢い人も増えている反面、 使用期限や作り置きの注意について ちゃんと把握している人は少ないように思います。 正しい使い方で、正しい対応を。 手作りの消毒液を使用されている人はぜひご一読を。 もくじ• ハイターで作る消毒液の使用期限は? キッチンハイターのような塩素系漂白剤を水で薄めて、自作の消毒液を活用しているご家庭も多いと思います。 ですが、使用期限について考えたことはありますか? 市販のアルコール消毒液とは違って、 自分で手作りする消毒液は日を追うごとに効果が薄れていきます。 そんな消毒液を使ってせっかく家中の掃除をしても、消毒ができていなければ残念ながら意味はないと言えるでしょう。 一人暮らしをされている人であれば、マスク着用やしっかりとした手洗いでなんとか予防はできるかもしれません。 ですが、お父さんやお母さん、子供…といった一般家庭だったら。 家族の人数が多ければ多い分、誰がどこで触ってきた手で家の中の何を触っているかわからないですよね。 ドアノブや テーブル、 電灯のスイッチや コンセント周り等、皆が普段当たり前に触れるものです。 それらを帰宅した誰が触るか。 その手を経由して口からウイルスが体の中に入ってしまったら。 だからこそ気が抜けません。 また、ある程度の量を多めに作り置きをしておけば、確かに掃除の取り掛かりは早くできて便利だとは思います。 でも、前述のように殺菌効果がなければただの無駄な行為となってしまうのです。 消毒液は 作り置きをしないで その都度作って掃除するのが理想的です。 しっかりとしたウイルス対策を心がけるのであれば面倒がらずに使う分ずつ毎回作ること。 ちゃんと殺菌効果のあるお掃除で、家族をウイルスから守りましょう! 水500mlにつき、漂白剤のキャップ半分 (約2. 5cc) ということです。 ノロウイルスやインフルエンザ、または嘔吐後の処理の時にもこの程度の濃度で十分対応できますので覚えておくといいですよ。 使用するハイター自体も古いものは避けてできるだけ新しいものを使うようにしましょう。 また、消毒液を作る際は必ずゴム手袋をして行うこと。 もし 原液が手に触れてしまったら 手荒れの原因になります。 ですので、素手で作るのは禁止! 着用したゴム手袋も、掃除が終わったらその都度捨てるようにしてください。 となると、ゴム手袋もある程度のストックを用意していた方がいいかもしれませんね。 手作り消毒液の簡単な作り方 初めて消毒液を手作りする人の為に、改めて作り方のご紹介をしておきますね。 余談ですが、ダイソーでも販売してました。 画像のお水は555mlのものになります。 ペットボトルを1本用意してそのまま使ってもかまいませんが、後から入れる漂白剤のことを考えるとサイズ的に余裕があった方がいいかなと思いまして。 お徳用の500ml以上のサイズのペットボトルに500mlを水道水を測って入れた方が、蓋を閉める際に溢れる危険性もないのでオススメです。 大きめのペットボトルで別に作って気に入ったスプレー容器に移すのもアリです。 ただ、移す際はこぼれないよう細心の注意を。 主に拭き掃除に使用することになると思いますが、その時は直接スプレーで吹きかけることはしないこと。 必ず キッチンペーパーなどに染みこませてから使用するようにしましょう。 というのは、直接スプレーしてしまうことで消毒液の飛沫を吸い込んでしまう危険があるからです。 それに加えて、なんとなくファブリーズ感覚で空間にもシュシュっとスプレーして 「お部屋の空気もキレイに!」 とやってしまう人がいるかもしれませんが、これは NGです。 あくまでも家具や身の回りにあるものの消毒に使うようにしてください。 もちろん ゴム手袋着用でお掃除してくださいね。 そして、一番覚えておいてもらいたいことは 『手の消毒液』 ではないということ。 原液ではないとしても、間違いなく手荒れします。 次亜塩素酸ナトリウムで作った消毒液は、あくまでも 『手』ではなく 『物』の消毒に使用するものであることを忘れないようにしてください。 はじめまして! 当ブログの管理人みことです。 自分の得意分野の知識や逆に失敗談、そして友人知人から得た情報が世の中の皆さんの手助けになればいいなと思い、ブログ運営を始めました。 100均大好き!週末のユニクロ大好き!! 最近は御朱印集めにハマりだしました!(今さら?笑) そんな私が発信していく情報があなたの毎日のお困りごとの解決に役立ててもらえたら嬉しいです。 カテゴリー• アーカイブ•

次の

ペットボトルで作る!簡単なハイター消毒液の作り方(キッチンブリーチなど代用もご紹介)

キッチン ハイター 消毒 液 の 作り方

ノロウイルスやインフルエンザが流行りだすと 気を付けないといけないのがウイルス対策! 家族に体調が良くない人がいるのなら 特に注意が必要です! いつでもどこでも除菌対策に 神経張っていなければいけません。 菌は目に見えません。 だからこそ家の中でも しっかりとした除菌対策が必要なんです。 …とはいえ、お店の状況によっては アルコール消毒液やウエットシート等、 品切れ状態になってしまうことも。 自作の消毒液で対応する賢い人も増えている反面、 使用期限や作り置きの注意について ちゃんと把握している人は少ないように思います。 正しい使い方で、正しい対応を。 手作りの消毒液を使用されている人はぜひご一読を。 もくじ• ハイターで作る消毒液の使用期限は? キッチンハイターのような塩素系漂白剤を水で薄めて、自作の消毒液を活用しているご家庭も多いと思います。 ですが、使用期限について考えたことはありますか? 市販のアルコール消毒液とは違って、 自分で手作りする消毒液は日を追うごとに効果が薄れていきます。 そんな消毒液を使ってせっかく家中の掃除をしても、消毒ができていなければ残念ながら意味はないと言えるでしょう。 一人暮らしをされている人であれば、マスク着用やしっかりとした手洗いでなんとか予防はできるかもしれません。 ですが、お父さんやお母さん、子供…といった一般家庭だったら。 家族の人数が多ければ多い分、誰がどこで触ってきた手で家の中の何を触っているかわからないですよね。 ドアノブや テーブル、 電灯のスイッチや コンセント周り等、皆が普段当たり前に触れるものです。 それらを帰宅した誰が触るか。 その手を経由して口からウイルスが体の中に入ってしまったら。 だからこそ気が抜けません。 また、ある程度の量を多めに作り置きをしておけば、確かに掃除の取り掛かりは早くできて便利だとは思います。 でも、前述のように殺菌効果がなければただの無駄な行為となってしまうのです。 消毒液は 作り置きをしないで その都度作って掃除するのが理想的です。 しっかりとしたウイルス対策を心がけるのであれば面倒がらずに使う分ずつ毎回作ること。 ちゃんと殺菌効果のあるお掃除で、家族をウイルスから守りましょう! 水500mlにつき、漂白剤のキャップ半分 (約2. 5cc) ということです。 ノロウイルスやインフルエンザ、または嘔吐後の処理の時にもこの程度の濃度で十分対応できますので覚えておくといいですよ。 使用するハイター自体も古いものは避けてできるだけ新しいものを使うようにしましょう。 また、消毒液を作る際は必ずゴム手袋をして行うこと。 もし 原液が手に触れてしまったら 手荒れの原因になります。 ですので、素手で作るのは禁止! 着用したゴム手袋も、掃除が終わったらその都度捨てるようにしてください。 となると、ゴム手袋もある程度のストックを用意していた方がいいかもしれませんね。 手作り消毒液の簡単な作り方 初めて消毒液を手作りする人の為に、改めて作り方のご紹介をしておきますね。 余談ですが、ダイソーでも販売してました。 画像のお水は555mlのものになります。 ペットボトルを1本用意してそのまま使ってもかまいませんが、後から入れる漂白剤のことを考えるとサイズ的に余裕があった方がいいかなと思いまして。 お徳用の500ml以上のサイズのペットボトルに500mlを水道水を測って入れた方が、蓋を閉める際に溢れる危険性もないのでオススメです。 大きめのペットボトルで別に作って気に入ったスプレー容器に移すのもアリです。 ただ、移す際はこぼれないよう細心の注意を。 主に拭き掃除に使用することになると思いますが、その時は直接スプレーで吹きかけることはしないこと。 必ず キッチンペーパーなどに染みこませてから使用するようにしましょう。 というのは、直接スプレーしてしまうことで消毒液の飛沫を吸い込んでしまう危険があるからです。 それに加えて、なんとなくファブリーズ感覚で空間にもシュシュっとスプレーして 「お部屋の空気もキレイに!」 とやってしまう人がいるかもしれませんが、これは NGです。 あくまでも家具や身の回りにあるものの消毒に使うようにしてください。 もちろん ゴム手袋着用でお掃除してくださいね。 そして、一番覚えておいてもらいたいことは 『手の消毒液』 ではないということ。 原液ではないとしても、間違いなく手荒れします。 次亜塩素酸ナトリウムで作った消毒液は、あくまでも 『手』ではなく 『物』の消毒に使用するものであることを忘れないようにしてください。 はじめまして! 当ブログの管理人みことです。 自分の得意分野の知識や逆に失敗談、そして友人知人から得た情報が世の中の皆さんの手助けになればいいなと思い、ブログ運営を始めました。 100均大好き!週末のユニクロ大好き!! 最近は御朱印集めにハマりだしました!(今さら?笑) そんな私が発信していく情報があなたの毎日のお困りごとの解決に役立ててもらえたら嬉しいです。 カテゴリー• アーカイブ•

次の

真実!キッチンハイター消毒液の作り方【メーカー基準】正しい方法で新型コロナの除菌に!説明欄読んで下さい。

キッチン ハイター 消毒 液 の 作り方

まずは、マスクの着用を含む咳エチケットや手洗いをしっかりしましょう。 そしてアルコール消毒等により感染経路を断つことが重要。 身の回りを清潔にすることが大事とされています。 本来であればアルコール製品の消毒液を使用するのが通常ですけどね。 今の時期はほとんどのお店でアルコール製品が売り切れ。 なかなか手に入らない状況ですよね。 そんなときの対策もしっかり分かりやすく公表されています。 食器や手すり、ドアノブなどの身近な物の消毒には熱水や塩素系漂白剤で行うことを徹底してくださいとのこと。 次亜塩素酸ナトリウム液の作り方 今回は塩素系漂白剤での消毒液の作り方を実際にやってみました。 準備したのはこちら。 花王のキッチンハイター• 500mlのペットボトル• ビニールの手袋• バケツ 厚生労働省と経済産業省では、0. 05%以上の次亜塩素酸ナトリウム液の作り方が紹介されています。 塩素系漂白剤も商品によって濃度が異なるようです。 使用にあたっては、商品パッケージやHPなどを確認するように書かれていました。 今回は花王のキッチンハイターを使うので、を見てみました。 すると、キッチンハイターでも購入した時期によって濃度が異なることがわかりました。 買ったばかりのものは当然濃度が高いです。 購入から3ヶ月、1年、3年と時間の経過につれて濃度が下がっていきます。 購入から3年以上経過した古い製品は次亜塩素酸が著しく低下している場合があるので使用は控えてくださいとのことです。 キッチンハイターで消毒液を作る方法はとても簡単です。 まずは500mlのペットボトルで1リットルの水を計測してバケツなどに入れます。 そこにキッチンハイターを指定された量だけ入れます。 キッチンハイターやペットボトルのキャップで計測します。 キッチンハイターのキャップ1杯:25ml ペットボトルのキャップ1杯:7. 5ml あとは消毒液を雑巾やウエスなどにしっかり染み込ませて、しぼってから拭き上げします。 消毒液で拭いたところはその後水拭きもします。 ドアノブやテーブルなどを消毒する場合は0. 05%の濃度。 トイレ掃除の消毒は0. 1%の濃度で行います。 次亜塩素酸の消毒液は作り置きができません。 徐々に分解されて濃度が低下していきます。 できれば毎回使用する分だけ作って使い切るようにしましょう。 ゴム手袋などを着用して素手で次亜塩素酸を触れないようにする。 手指消毒には使用しない。 金属製品や繊維セニ品に使用すると腐食や変色のおそれがある。 十分に換気をすること。 酸や他の薬品と混ざると有毒ガスを発生するので絶対に混ぜないこと。 スプレーで噴霧すると呼吸器に害を及ぼすおそれがあるので避けること。 またスプレー噴霧は菌を撒き散らすおそれもあります。 手指に関しては、石鹸やハンドソープを使った丁寧な手洗いでウイルスを除去できます。 手洗いをしたあとにアルコール消毒液を使用する必要はありません。 石鹸やハンドソープで10秒もみあらいしたあと、流水で15秒すすぎます。 手洗いなしの場合、残存ウイルスは約100万個。 1回の手洗いで、残存ウイルスは約0. 001%(数十個)に減ります。 2回の手洗いでは、残存ウイルスが約0. 0001%(数個)にまで減ります。 でも注意事項はしっかりと守って行ってください。 できるかぎり身の回りを清潔にして、コロナウイルスなどの予防に心がけましょう。 なにをするにも健康第一です。 帰宅したら手洗いうがいを心がけましょう。 部屋の中のよく触る場所は、1日1回食毒液で拭きましょう。

次の