花の慶次 名言集。 花の慶次の名言・名セリフまとめ (2/3)

花の慶次、名言が多すぎるwwwwwwwwwwwwwww

花の慶次 名言集

数々の心の奥底から揺さぶられる名言が数多くあります。 「パチンコ」の名言 パチンコのリーチ演出にも数々の名言が登場します。 名言が出たら大当たりって印象がありますよね。 個人的には、この後にも書きますが 「 蛍を殺したお前は憎いが、蛍を愛したお前は憎めなくてな」 というセリフが鳥肌たったくらい好きです。 この言葉のあとに、忍びである蝙蝠が続ける言葉もよいですよね。 詳しくは後述します。 慶次が伊達政宗や助右衛門と温泉に使っているときに 時の天下人である秀吉が温泉に入ってきます。 慶次を自分の臣下としたい秀吉はヘッドハントしようと試み 人差し指を立てて「これでどうだ?」と慶次に問います。 一緒にいた正宗たちは、いきなり一万石での誘いか・・・ それはすごいなぁと感心します。 一万石といえば、現在の貨幣価値に換算すると億単位の年収になります。 それでもまったく知らん顔の慶次に対して秀吉は言います。 「 強情なやつめ。 心して飲め。 百万石の酒ぞ。 」 こんなやり取りが出来るって男冥利につきますよね。。 ホントに最高のやりとりです・・。 それに対して慶次はまったくひるみません。 慶次で20、捨丸と岩兵衡で10ずつ、松風で10という数の話を始めます。 なんの話をしているのだと不思議に思う三成に対して 「我々の死体の数です」と忍びのリーダーが説明し、 「私もそのようになると思います」と続けます。 私はかつて、ある戦であの男を見ました・・・と回想シーンに入ります・・・・ ・・・ 慶次はとある戦の真っ只中。 状況は最悪。 全滅寸前です。 もう逃げるしかないという味方に対して「いいから早く行けよ」と言います。 敵はすぐそこまで怒涛の勢いで迫っています。 味方は皆逃げ出します。 そのときに慶次が口にしたのがこのセリフです。 「 馬鹿だなぁ。 いくさっていうのは負け戦こそ面白いんじゃないか」 慶次は、たった一人で敵を前にして立ちふさがります。 敵の集団は容赦なく慶次に襲い掛かります・・・ ・・・・ ・・・・回想から戻り、ここで忍びのリーダーが言います。 「しかし勢い余って最初のひと振りで飛んだ首は13。 私もあまりの恐怖に 不覚にも膝が震えて動けなくなってしまいました。 速やかにご決断を。 相打ち覚悟なら討ち取れる機会もあるかと存じます」 三成は何も言わずに撤退を決めます。。 慶次の底知れぬ強さが伝わってくると同時に、その生き様の美しさに鳥肌が立ちます。 そのときに慶次が返した言葉がこれです。 しびれますよね。。 「恋」の名言 ・俺もある女を愛しておる 恋も喧嘩も命賭けでなくては燃えぬものよ ・幸村殿…結ばれるだけが恋じゃないさ、耐えに耐え忍ぶも恋の至極待てばいいさ、 この恋が哀れみや情けではないと互いに素直に思える日まで… ・破れて涙せぬ恋などするな 記憶の中にある慶次の言葉でとても好きな名言のひとつです。 恋愛に対しても全精力を注ぎ命がけで愛する姿勢と覚悟に感銘を受けました。 慶次はそんな彼に対して「戦場で傷だらけになったきたねツラだ」と言い 周りの一同が怒りに震えていまでも飛び掛らんとするシーンで、慶次が続けます。 「 だがそれがいい その傷がいい これこそ生涯をかけ殿を守り通した忠義の甲冑ではござらんか」 主君を守ってきたからこそできた顔のキズ。 家臣こそが主君を守る甲冑だと説きます。 そしてその言葉で心を動かされた主君は老臣を許すのです。 こんなセリフで周囲の状況を一気に好転させる力を持っているのは 素直に羨ましいなと思います。 骨は慶次の命を狙ってはいるが実は慶次の生き様に惚れています。 慶次を暗殺するために酒に毒を入れたのだが、慶次はそれに気づきます。 いつでも切って捨てられる状況なのに、慶次は骨も切りませんでした。 意識朦朧とする中で慶次が放ったのがこのセリフです。 こんな美学を命がけで大切にする慶次という男の大きさと懐の深さを感じられる名言です。 本名は前田慶次郎利益。 前田利家の甥にあたる実際の人物がモデルになっています。 その力強さと男気と行動力、そして底知れぬ魅力を持った天下一の傾奇物です。 ・これより我ら修羅に入る!! 仏と合えば仏を斬り!! 鬼と会えば鬼を斬る!! 情を捨てよ!! ただ一駆けに敵城へ攻め入れ!! ・運があれば毒を盛られても生きのびる 見放されれば瓦が落ちてきても人は死ぬ ・武士に口舌はいらぬ あるのはただ行動のみ ・口舌の刃で人を斬るとはなんともやりきれん 今この者どもを笑った者すべてと喧嘩いたす!! これは遊びですよ。 遊びってのは派手でなきゃつまんないよな ・なに様であろうと武士に刃を向けた以上 決着は死以外はないと心得よ!! ・死に場所は自分で選ぶ!! ・さあ晴れやかに行け!! そうであらねばいかなる面をぶら下げて冥土の兄と目見ゆる気か!! ・馬鹿者 いくさ場で目立たねば手柄をあげても誰も気づいてはくれんわい ・斬る! すべて斬る 蛍が死んだときに、取り囲んでいる加賀の忍びたちに対していったセリフ。 慶次にこんなこと言われたら完全にアウトです。。 「今の一撃で おれの首をとれたはず」という蝙蝠に対して言ったのがこのセリフ。 「螢を殺した忍びのおまえは憎いさ でも螢を愛したおまえは憎めなくてな」 このあと蝙蝠は「やさしいんですね・・旦那」という言葉を残し自害します。 慶次の蛍に対する愛の深さに心が震える名言です。 ・ほれた!腹の底からほれたぞ!! ・そうだ、お前は松風だ!! 慶次と松風との出会いのシーンです。 すさまじく巨大な身体を持ち、とてつもないスピードでかける気性の荒い馬でしたが しつこく仲良くなろうとする慶次に心を開きます。 ・その大海の前で人間の小ささを知った…… ・男が死すべき場所を誤るはあわれなものよ… ・ふっ… ほとほと傾いたものよ お主も戦国の世の最後に咲く徒花か!! ・慶次は死罪と決まった!! だがいくさ人ゆえ戦場で果て申すとな!! ・餓鬼に言葉が通じるか!! ならば拳で語るまでよ!! 拳こそ言葉だ!! ・武士に口舌はいらぬ あるのはただ行動のみ ・虎は………なにゆえ強いと思う?もともと強いからよ 格の違いを匂わせる、一度でも良いから口にしてみたいセリフです。 ・女の子は笑った方がよいぞ おふうに対して慶次が放った一言。 笑顔を浮かべることが出来ないほどのひどい過去を持っていたおふうでしたが 慶次のあきらめない行動にいつしか心を開きます。 気性の荒い大型馬であろうが、心にトラウマを持った女の子であろうが 慶次にかかると心を許してしまうんですよね。 ・おれの首はおまえにやるっていったろ おまえがついでくれた酒ならたとえ毒が入っていても飲んださ ・これは喧嘩か遊びか!! この前田慶次 喧嘩ならいつでもかうぞ!! ・殺すもまた情(なさけ)と知れ! 死すべき時死ねぬは辛き事よ ・褌は男の最後の着衣だ! 紫や金の褌なんかあるか!! これこそ己の心の様に輝く白であるべきだ!! ・秀吉に頭を下げてでも生きのびる そしていつか秀吉の首をとるさ それがいくさ人というのではないのか ・殺るんだよ 秀吉を!! ・こいつらは大人の皮をかぶったガキだ 人も満足に斬ったこともあるまい そんなガキ相手に喧嘩はできないな ・こやつ おれになかなか死なぬ奴と悪態をついてござるよ! ・三成殿が怖いようにこいつらも人間が怖いんですよ いやこの世で一番怖いのは人間かもしれん ・喧嘩に身分の上下なし 喧嘩無礼講とまいろう!! ・この前田慶次存分にお相手いたす!! されば一振りで10騎ずつ この朱槍の錆にしてくれようぞ!! ・たとえ悪魔の馬であろうとオレには必要なのだよ ・そんな意地のために 何人の家臣に犬死にさせたと思っているんだ! あんな男に殺されるようなら おれはそれだけの男さ! ・たしかに…蓮の花は泥の中に生まれ落ちた身… されど一生に一度その鮮やかな花を咲かせ申す ・花を咲かせれば たとえ荒野に己れの髑髏(しゃれこうべ)を曝そうと 一片の悔いなし!! ・無為に死者を出すは下策! いくさ人は無駄な死にかたはせぬものです ・罠があれば噛み破るッ!! それだけのことではないかッ!! 質実剛健な武士ですが、 末森城を守る際には、外壁を登り来る敵兵に対して慶次と共に小便をかけたりもします。 実際の歴史書の中でも柴田勝家に「沈着にして豪胆」と言わせた大物です。 終生の友となります。 ・ふふ。 このとき、慶次の莫逆の友・奥村助右衛門やってくるのです。 この光景を見た徳川家康が放った名言がこれです。 本当の意味で友達が見えるのは最悪の状況に陥ったときなのかもしれません。 ・親とは木の上に立って見ると書く! 木から下りてノコノコ子の喧嘩に行く親がどこにある!! by千利休 ・岩熊よ 押し売りの向上あっぱれである!! 奇染屋の染め物この水沢隆広切腹の折の敷物といたす by水沢隆広 ・君主たる者うかつに家臣に本音ば見せれば それだけで家臣を殺すこともあると by水沢隆広 ・私は噂など信じないわ 信じられるのは自分の目と耳で確かめたことだけですわ by奥村加奈 ・味方の的になるよりは敵の的になる方がまだマシだ!! by真田幸村 ・いいかキサマら人間には触れちゃならん傷みがあるんだ!! 其処に触れたら後はもう生命のやり取りしか残らんのだ!!

次の

【100+】 花の慶次 壁紙

花の慶次 名言集

花の慶次 雲のかなたに ワールドチェイン コラボ開始 コラボ 花の慶次 完全版9 原哲夫の通販なら通販ショップの駿河屋でゲーム古本dvdcdトレカフィギュアなど 通販ショップの駿河屋は豊富な品揃え最新から懐かしのレトロゲームまでなんでもありますぜひご利用ください. 愛のイラスト マンガアニメ ゼルダ姫 ワンダーウーマン デスクトップの背景. Download ライブ壁紙花の慶次キセルアプリ apk 12 for android. 花の慶次 壁紙. 画像 花の慶次 壁紙画像集 高画質まとめ naver まとめ. トップコレクション 花の慶次 壁紙 cr真 花の慶次2 レア画像特集. 愛のイラスト ファイナルファンタジー 日本 漫画 アニメ スケッチ. 花の慶次11 原哲夫の通販なら通販ショップの駿河屋でゲーム古本dvdcdトレカフィギュアなど 通販ショップの駿河屋は豊富な品揃え最新から懐かしのレトロゲームまでなんでもありますぜひご利用ください. 画像 花の慶次壁紙画像集 高画質まとめ naver まとめ. 花の慶次のキセルの画像をパソコンの壁紙にしたいのですが画像が載ってるサイト知りませんか 花の慶次 壁紙 で検索するだけでたくさん出てきますがもう探しちゃいました見ていないですがこれもキセルですが. 愛のイラスト 侍 デッドプール ジョーカー バナー スーパーヒーロー アニメ. Iphoneやandroid用の花の壁紙も別ページにて掲載しています必要な場合はメニューからアクセスしてください またユーザー登録することで壁紙をお気に入りに登録したり独自の壁紙を投稿したりすることができます あなたの画面に最適な壁紙サイズは x です 壁紙の大きさ解像度. 花の慶次壁紙画像集 高画質まとめ naver まとめ.

次の

花の慶次5つの魅力を語る!男女問わず見てほしい漢たちの生き様!【花の慶次】

花の慶次 名言集

『花の慶次』の概要 『花の慶次』は、小説家・隆慶一郎によって書かれた歴史小説「一夢庵風流記」を原作に漫画家・原哲夫が描いたマンガである。 1990年から93年にかけて週刊少年ジャンプで連載されていた。 実在する戦国武将・前田慶次郎利益について歴史的資料が乏しく、近年における前田慶次のイメージはこの作品を元に構築されていったと言っても過言ではない。 連載中においてそこまでの人気はなかったものの、歴史ブームやこの作品を題材にしたアミューズメント機器の流行によって再評価され、人気が跳ね上がり一大ムーブメントを起こしている。 また、『花の慶次』のスピンオフ作品として前田慶次の莫逆の友・直江兼続を主人公とした『義風堂々!!』が存在している。 『花の慶次』の名言・名セリフ ほれた! 腹の底からほれたぞ!! 奥村助右衛門のセリフ。 末森城が敵将・佐々成政によって攻められ窮地に追い込まれており、救援を求める報せが加賀国主・前田利家のもとへと届いた。 末森城の城主は慶次の唯一無二の友である奥村助右衛門だった。 その報せを聞いた慶次は友を救うため救援に向かうことを決意した。 慶次は助右衛門と再会し、崖をよじ登り攻めてくる敵兵に小便を浴びせてるという傾いた方法で退ける。 お陰で敗戦必須、まず命は助からないであろうという雰囲気の中、死人同然であった兵たちは息を吹き返す。 そして、明日の朝には決着が着くと考えた助右衛門は、決戦へ向けて兵たちを鼓舞、士気を向上させるのだった。 これは、「人の一生には終わりがあるが、名声には終わりはない。 この戦は名を残すのに相応しい舞台である」と兵たちを鼓舞する言葉である。 わが首ひとつで一国一城の主なれたものを。 慶次…意地を通すのは不便なものよな。 敵将・佐々成政のセリフ。 末森城攻城戦に敗退した成政は主であった織田信長同様、居留していた家屋に火をつけ、切腹しようとしていた。 そこに信長の甲冑を着た慶次と助右衛門が現れる。 「首を取りに来たか」と尋ねる成政に助右衛門は「慶次は勝ち戦に興味がない」と答える。 「いくさに敗れ、敵に頭を下げてでもいつか敵の首をとる」慶次のいくさ人としての意地を見た成政は、自分もまた慶次の言ういくさ人としての意地を通すために、信長の甲冑と大ふへん者(大武遍者と大不便者をかけている)と大きく書かれたマントを譲り受け再び槍を持って敵陣に駆けて行ったのだった。 意地を通すためには一国一城の主になれる可能性すら見送らなくてはいけない事もある、逆に一国一城の主になるためには意地を曲げないといけない事もある、それほどまでに意地を通すというのは難しく不便なものだという言葉である。 前田利久のセリフ。 慶次が惚れた女性・螢は四井主馬によって放たれた刺客・蝙蝠の催眠の術にかかってしまい、慶次を殺せという命令に背くため陰腹を切り自死した。 蝙蝠の術を破る方法は自らの血を抜き命と引き換えに術の効果を和らげる以外になかったのだ。 怒りに震える慶次は喧嘩両成敗の罪が義父である前田利久へ及ばぬよう、利久へ宛てた離縁状の手紙を、四井主馬の刺客の元から保護をしたおふうに託し、死を前提とした喧嘩に乗り出す。 手紙を受け取った利久は、慶次を加賀に押し留め無念の人にしてしまった事に涙を流し、慶次の喧嘩に加勢をするのだというおふうの頭を撫でたのだった。 親とは木の上に立って見ると書く! 木から下りてノコノコ子の喧嘩に行く親がどこにある!!.

次の