デザートヒルズプレミアムアウトレット。 一年で一番アメリカが安い日!ブラック・フライデーにハイブランド集結のデザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレットに潜入!

プラダ、グッチ、フェラガモ、バーバリーなど高級ブランドが揃う全米最強のアウトレットへ行こう

デザートヒルズプレミアムアウトレット

スポンサーリンク デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレット アクセス・立地 まずはこの巨大アウトレットの場所の紹介ですが、GoogleMapで示すとこちら! ロサンゼルス中心地から見るとちょうど東側に位置しています。 ここまでの行き方としてはいくつかありまして、まずは 車 レンタカー で行くことです。 意外に遠いですよね! この時間は高速道路 無料 を利用して、休憩なしで行った場合のかかった時間です。 高速道路沿いにあるので降りてすぐのところにあります! でも、このくらいの時間であればレンタカーなどで行けないこともないですかね? 国際運転免許証が必要になるので注意が必要ですよ~ 次の行き方としては、 旅行代理店などがこのアウトレットに行く現地オプショナルツアーなどを扱っていることが多いのでそれを利用していくことです。 この行き方であれば、比較的安心・安全に行くことができるので、 「海外でレンタカーはちょっと~」とかっていう人にはお勧めです。 その分時間が決められてしまいますが。 この上記二つが有力ですかね?• レンタカーで個人で行く• 旅行代理店の現地オプショナルツアーで行く 他にも公共バスやタクシーで行くっていうことも可能ではありますが、タクシーはすっごい値段がかかるだろうし、バスに関しては私が少し調べたところ行くまでにすっごい時間がかかるらしいので安いかもしれませんがオススメはできません。 では、次に施設の概要を紹介します。 施設の概要 まずは 営業時間からですが、 通常:10時~20時 金曜日:~21時、土曜日:9時~21時 となっております。 曜日によって営業時間が少々異なるので注意が必要です。 定休日に関してはないようですが、 11月25日、12月25日は例年通りだと休業との情報があります。 結構すごい店舗数じゃないですか? 有名ブランドはもちろんのことアメリカ発のファッションブランドなども数多くあり、 日本では買えない商品なども多くあります。 私も施設を回ったのですが、そんなに買い物をしないし興味がない私でも全部を見て回るのに結構時間がかかりました。 支払いは基本クレジットカードがメインになってくると思います。 もちろん現金も可ですが、クレカと現金のレジが分かれていたりして現金カウンターは少ないので結構並ぶかもしれません そして、日本のJCBカードですが基本日本以外だとそんなに普及されていないと思っていただいて、 念のため 海外に行く際は必ずと言っていいほど VISAか Masterのどっちか一枚も持っていくことをお勧めします。 JCBカードも全く使えるところが少ないというわけではありませんが、まだVISAやMasterカードに比べると認知度も低く普及率も低いので、使える方が珍しいと思った方がいいですよ~ また、初めて海外行く人はちょっと驚いちゃうかもしれませんが、 結構海外の店員は日本人とわかっていても普通に英語で話しかけてきます。 詳しい情報はデザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレットの公式ホームページを確認してください。 施設の様子を写真で紹介 デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレットの施設はこんな感じです! 名前にもある通り、砂漠の中にあるオアシスをイメージして作られたってことが伝わってきますね! ヤシの木が生えてたりなど少し南国風の感じもしますが、全体としては砂漠をイメージしています。 ロサンゼルスは雨が少ないこともあるので屋根のある道などは少ない印象がありました。 結構紫外線も強いので、日焼けが気になる人は日焼け止めは必須になってくると思います。 そして、施設は大まかに3つのエリアに分かれています。 とまあ、デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレットはロサンゼルス旅行に行く人は時間があれば寄ってみてほしいところの1つです。 ショッピングメインで行動したいという人は絶対行った方がいいと思いますが! 少しでもこの情報が役にたっていたら嬉しいです! では、今回はここまで! 見苦しい文章などもあるかもしれませんがよろしくお願いします。 また、旅の写真等はKazuのインスタにたくさん載せているのでぜひ遊びに来てください。

次の

2020年 デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレットへ行く前に!見どころをチェック

デザートヒルズプレミアムアウトレット

) 休業日:なし  デザートヒルズアウトレットまでのドライブルートはこちら。 デザートヒルズアウトレットからの寄り道ルートもこちらでご紹介しています。 デザトーヒルズ アウトレットの特徴 特徴 デザートヒルズアウトレットの特徴は、ロサンゼルスから2時間近く離れた場所にある砂漠のような地域にあることです。 砂漠と言うと少し大げさですが、、、、、。 基本的には周りに何もない場所に、南カリフォルニア最大のアウトレットモールが存在しています。 2014年から始まった大改装も、2018年にほぼ完成して、現在は180店舗ほどのショップがオープンしています。 お勧めブランド Balenciaga バレンシアガ ハンドバックや小物が人気のバレンシアガ。 もちろん洋服類も充実しています。 人気のデザインはすぐに売り切れてしまうために、いい商品に巡り合うのが難しいですが、運が良ければ人気のトートバッグや小物がお買い得に購入出来る場合があります。 場所:202 Bottega Veneta ボッテガヴェネタ メッシュのバッグや小物が人気のボッテガヴェネタ。 何年使っても飽きのこないデザインは、多くのセレブに愛されています。 特にメッシュの大き目のトートバッグや、ファスナー付きのジップラウンド財布は、芸能人御用達としても知られています。 残念ながら定番のトートバッグはなかなか購入することが出来ませんが、お財布は常備販売されています。 但し、ベーシックな黒やブラウンなどのカラーが販売されていることは滅多にありません。 もし見かけたら迷わず購入しましょう。 日本での販売価格の半額近い価格で購入出来ることもあります。 1952年創業のイタリアブランド、ブリックス。 変わらないデザインで65年以上の伝統があるトラベルブランドです。 日本では販売価格がかなり高いので、シンプルで飽きのこないデザインをお探しの方にはお勧めのブランドです。 ピギーバックは中でもお勧め。 私も以前使っていましたが、人と被らないのと、これ見よがし感がないのが好印象です。 場所: Coach コーチ 言わずと知れたアメリカ人気ブランド、コーチ。 アメリカ発祥のブランドだけあって、どの国で購入するよりも安く買えます。 また、ショップ店員が「アディショナルチケット」を配布していますので、実際は店頭価格より更に安く購入することが可能です。 場所:1000 FURLA フルラ 石原さとみさんがテレビ等で使用したことが話題になった人気のブランド、FURLA。 南カリフォルニアのアウトレットでは、ここでしか購入することが出来ません。 人気のメトロポリスも定番として販売されています。 通常は定価の40%OFFですが、店内奥に60%OFFコーナーもあります。 掘り出し物が見つかることもよくあります。 場所:140 GUCCI グッチ ラグジュアリーブランドを代表する人気の世界的ブランド。 土日は常に入場制限がかかっています。 どの国の人にも人気なので、中々お目当ての商品を手に入れるのは難しいですが、運良く見つけたらラッキーです。 稀に、一部の商品が特別価格で販売されていることもあります。 なお、ショップの向かいにGUCCI KIDSのショップもありますので、レアアイテムを見つけることが出来るかもしれません。 場所:228 kate spade ケイトスペード ここ数年の爆発的人気の中で、コーチグループに買収されたのは衝撃的なニュースでした。 独特の色使いも女性心をくすぐる、かわいい商品に仕上がっています。 以前のような入場制限等は基本的にありませんが、土日は沢山の人で混雑します。 場所:110 MONCLER モンクレール 世界的に有名なダウンジャケットのブランド、モンクレール。 もちろん、今はダウンジャケットに限らず、あらゆるアイテムが販売されています。 改装後に店舗スペースが拡張され、かなりの品揃えがありますが、特別安く販売されているわけではないので、お買い得品が見つかることはまずありません。 但し、昨年以降のモデルで、欲しかったけど日本やヨーロッパで完売していたモデルが、フルサイズ揃って販売されていることも珍しくはありません。 どちらかと言うと、通好みのショップというところでしょうか、、、。 場所:124 Polo Ralph Lauren ポロ ラルフローレン 変わらない人気のアメリカ、カジュアルブランド、ラルフローレン。 アメリカブランドだけあって、お値段もとても魅力的です。 最近少なくなった、きちんとした素材を使用した、大人が着れる数少ないブランドの一つです。 まとめ買いをする人が多いので、週末はレジが大渋滞します。 お土産としてもとても喜ばれるブランドの一つです。 場所:154 The North Face ザ ノースフェイス とにかく人気の衰えないアウトドアブランド、ノースフェイス。 実は、日本で販売されているノースフェイスは、基本的に日本企画の商品ですので、アメリカで販売されている商品とはかなり違います。 アメリカのノースフェイスは、機能面でとても優れているので、ぜひ購入することをお勧めします。 また、日本の価格と比べてもかなりお得に購入出来ます。 場所:142 デザートヒルズアウトレットのノースフェイスアウトレットは、他のアウトレットでは販売されていない商品が並んでいることもありますので、お勧めの場所です。 まとめ いかがでしたか? ロサンゼルス周辺からは少し距離がありますが、時間をかけて行くだけの価値はあると思います。 ドライブルートとしても、ロサンゼルス周辺を走った感を味わえますので、ぜひ、お時間のある方はお立ち寄りくださいね。 なお、土日祝日は、アウトレットがとても混雑します。 一度、車を停めた後に移動すると、停める場所が見つからないなんてことも多々ありますので、十分に注意してくださいね。 以下に、デザートヒルズアウトレットまでのドライブルートをご紹介しています。 ぜひ、ご参考にしてくださいね。 こちらでは、帰り道が渋滞していた時の裏道ルートをご紹介しています。 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

H.I.S.

デザートヒルズプレミアムアウトレット

) 休業日:なし  デザートヒルズアウトレットまでのドライブルートはこちら。 デザートヒルズアウトレットからの寄り道ルートもこちらでご紹介しています。 デザトーヒルズ アウトレットの特徴 特徴 デザートヒルズアウトレットの特徴は、ロサンゼルスから2時間近く離れた場所にある砂漠のような地域にあることです。 砂漠と言うと少し大げさですが、、、、、。 基本的には周りに何もない場所に、南カリフォルニア最大のアウトレットモールが存在しています。 2014年から始まった大改装も、2018年にほぼ完成して、現在は180店舗ほどのショップがオープンしています。 お勧めブランド Balenciaga バレンシアガ ハンドバックや小物が人気のバレンシアガ。 もちろん洋服類も充実しています。 人気のデザインはすぐに売り切れてしまうために、いい商品に巡り合うのが難しいですが、運が良ければ人気のトートバッグや小物がお買い得に購入出来る場合があります。 場所:202 Bottega Veneta ボッテガヴェネタ メッシュのバッグや小物が人気のボッテガヴェネタ。 何年使っても飽きのこないデザインは、多くのセレブに愛されています。 特にメッシュの大き目のトートバッグや、ファスナー付きのジップラウンド財布は、芸能人御用達としても知られています。 残念ながら定番のトートバッグはなかなか購入することが出来ませんが、お財布は常備販売されています。 但し、ベーシックな黒やブラウンなどのカラーが販売されていることは滅多にありません。 もし見かけたら迷わず購入しましょう。 日本での販売価格の半額近い価格で購入出来ることもあります。 1952年創業のイタリアブランド、ブリックス。 変わらないデザインで65年以上の伝統があるトラベルブランドです。 日本では販売価格がかなり高いので、シンプルで飽きのこないデザインをお探しの方にはお勧めのブランドです。 ピギーバックは中でもお勧め。 私も以前使っていましたが、人と被らないのと、これ見よがし感がないのが好印象です。 場所: Coach コーチ 言わずと知れたアメリカ人気ブランド、コーチ。 アメリカ発祥のブランドだけあって、どの国で購入するよりも安く買えます。 また、ショップ店員が「アディショナルチケット」を配布していますので、実際は店頭価格より更に安く購入することが可能です。 場所:1000 FURLA フルラ 石原さとみさんがテレビ等で使用したことが話題になった人気のブランド、FURLA。 南カリフォルニアのアウトレットでは、ここでしか購入することが出来ません。 人気のメトロポリスも定番として販売されています。 通常は定価の40%OFFですが、店内奥に60%OFFコーナーもあります。 掘り出し物が見つかることもよくあります。 場所:140 GUCCI グッチ ラグジュアリーブランドを代表する人気の世界的ブランド。 土日は常に入場制限がかかっています。 どの国の人にも人気なので、中々お目当ての商品を手に入れるのは難しいですが、運良く見つけたらラッキーです。 稀に、一部の商品が特別価格で販売されていることもあります。 なお、ショップの向かいにGUCCI KIDSのショップもありますので、レアアイテムを見つけることが出来るかもしれません。 場所:228 kate spade ケイトスペード ここ数年の爆発的人気の中で、コーチグループに買収されたのは衝撃的なニュースでした。 独特の色使いも女性心をくすぐる、かわいい商品に仕上がっています。 以前のような入場制限等は基本的にありませんが、土日は沢山の人で混雑します。 場所:110 MONCLER モンクレール 世界的に有名なダウンジャケットのブランド、モンクレール。 もちろん、今はダウンジャケットに限らず、あらゆるアイテムが販売されています。 改装後に店舗スペースが拡張され、かなりの品揃えがありますが、特別安く販売されているわけではないので、お買い得品が見つかることはまずありません。 但し、昨年以降のモデルで、欲しかったけど日本やヨーロッパで完売していたモデルが、フルサイズ揃って販売されていることも珍しくはありません。 どちらかと言うと、通好みのショップというところでしょうか、、、。 場所:124 Polo Ralph Lauren ポロ ラルフローレン 変わらない人気のアメリカ、カジュアルブランド、ラルフローレン。 アメリカブランドだけあって、お値段もとても魅力的です。 最近少なくなった、きちんとした素材を使用した、大人が着れる数少ないブランドの一つです。 まとめ買いをする人が多いので、週末はレジが大渋滞します。 お土産としてもとても喜ばれるブランドの一つです。 場所:154 The North Face ザ ノースフェイス とにかく人気の衰えないアウトドアブランド、ノースフェイス。 実は、日本で販売されているノースフェイスは、基本的に日本企画の商品ですので、アメリカで販売されている商品とはかなり違います。 アメリカのノースフェイスは、機能面でとても優れているので、ぜひ購入することをお勧めします。 また、日本の価格と比べてもかなりお得に購入出来ます。 場所:142 デザートヒルズアウトレットのノースフェイスアウトレットは、他のアウトレットでは販売されていない商品が並んでいることもありますので、お勧めの場所です。 まとめ いかがでしたか? ロサンゼルス周辺からは少し距離がありますが、時間をかけて行くだけの価値はあると思います。 ドライブルートとしても、ロサンゼルス周辺を走った感を味わえますので、ぜひ、お時間のある方はお立ち寄りくださいね。 なお、土日祝日は、アウトレットがとても混雑します。 一度、車を停めた後に移動すると、停める場所が見つからないなんてことも多々ありますので、十分に注意してくださいね。 以下に、デザートヒルズアウトレットまでのドライブルートをご紹介しています。 ぜひ、ご参考にしてくださいね。 こちらでは、帰り道が渋滞していた時の裏道ルートをご紹介しています。 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の